忍者ブログ

株式会社いとう システム営業部 測量・土木設計チーム

株式会社いとう システム営業部 測量・土木設計チーム

   
カテゴリー「BLUE TREND XA」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブルートレンドXA 塗りつぶしがグレー表示になってしまう件で

2014/8/13日のマイクロソフトのWindowsアップデートにより、

ブルトレの塗り潰しがグレーになってしまう件が多発しております。

現象としては、
8/13日~8/18日に、Windowsの更新をされた方が、
この対象になっていまして、
塗潰し時に、透過処理をしていると、色が全てグレーになってしまいます。

解決方法は、2つで、

1、Windowsアップデートで、上記日にちに該当するものを消す。
「プログラムと機能から、インストールされた更新プログラムを表示」
「インストールされた日にちを見て該当する日にちのものを削除する」

2、ブルトレの塗り潰しを透過せずに、作成する。

と、今のところの解決方法はこの2点です。

誠にお手数ですが、画期的な解決方法が出るまでは
上記の方法で行っていただく必要がありますので、
ご了承のほどよろしくお願いいたします。
PR

ネット認証ライセンスの注意点

昨日あったトラブルです。

ライセンス認証をして使っていたブルートレンドが使えなくなってしまった。と言う連絡で行って来ました。

ネット認証ライセンスセンターを見ると、「更新」ボタンが押せるだけで解除も認証も追加認証なども出来ません。

どうやら、ライセンスを認証したまま使っていた中で、
1、コンピュータの時間が変わった(time.windows.comと同期された)
2、パソコンのコンピュータ名が変わった

の2点により、そのライセンスは別のコンピュータで認証しているようになってしまっているとの事で、
エラー15が出ていました。

早速サポート課の人に、ライセンスを解除してもらい、再度更新をかけたところ、すんなり使えるようになりました。

ライセンス持ったまま、コンピュータの名前(ネットワーク上の名前)を変えるのはNGだそうです。

BLUE TREND SNS-LANはL3スイッチを超えるかテスト

先日とあるお客さんからの相談で、ネットワークセグメントが3つに分かれているLANを
セキュリティを保ったまま、インターネットアクセスがしたい。という相談を受けて、L3スイッチのテストをしました。

L3はご存知の通り、VLAN機能を使って、VLAN同士をルーティングさせる事が可能ですが、
一緒にテストしてみたかったのは、ブルートレンドのSNS-LANが問題なく動くか?と言ったところです。


もちろんルーティングとは言っても、TCPが許可されているルーティングでは、
たぶん大丈夫だろうな~って思っていましたが、不安だったのでテストしてみました。

SNS-LANサーバ 192.168.115.11

クライアント    192.168.1.11

SQL、SNS-LANは問題なく通信が出来ます。(当たり前ですが)
もちろん名前は解決できないので、IP直打ちで見に行けます。

またL3を使うと、VLAN1からVLAN2へは通信が出来るが、VLAN3へは通信が出来ないと言った事が可能なので、
経理のデータは見られたくない!とか、測量(地籍など個人データ)データは見られたくない!
などの通信設定も可能です。

Windowsでのユーザー管理をきちんと行っている方はいいのかも知れませんが、
みんながadministratorで、パスワードも無く使っているような場合、L3でアクセス制限かけるのも手ですね。

今回使用のL3はバッファロー製
http://buffalo.jp/products/catalog/network/bs-g30mr/

Webコンソールで設定できるのも嬉しいです。
(※但し設定のやり方は分かりづらかった部分もあります)


サーバインストール時にフォルダを間違えた場合

先日、休日出勤してXA2012のサーバインストールを行ってきました。

新規インストールだったため、サーバインストール時、インストールパスを、F:¥共有¥FCAPP¥BTXAserver
とやったつもりが、なんと¥を全角入力してしまい、

Fの中に、共有¥FCAPP が出来てしまいました。
(FCAPPの後ろの¥は半角だったため、それ以降は正常にフォルダが出来ている)

がーん・・・!うっかりミスが出てしまった・・・。

アンインストールしようとしても、プログラムの追加と削除にも出てこないので、
ひょっとしたら、フォルダだけの問題か!?と思い、フォルダを一旦別の場所に移して、再度セットアップを試みるも、
同じく、共有¥FCAPPが出来上がってしまう。

おそらく一度それでセットアップしたため、セットアップ情報がどこかに残っているんでしょうね。。

休みのため、サポート課に聞くわけにもいかず、しょうがないので自己責任でレジストリを探してみる事に。

どこかに書かれているとしたら、おそらく「共有¥FCAPP」というパスがあるだろうと検索してみると、1件ヒット!

なるほど、カレントソフトウエア上に書かれているのか。
念のためレジストリのバックアップを取って、その部分を正常にセットアップしたい、F:¥共有¥FCAPP¥BTXAServer
に書き直し、

再度セットアップを実行!

成功しました。
ヒヤヒヤしました。。。


あくまで自己責任で・・・。

BLUE TREND XAのDXF出力について

あけましておめでとうございます。

最近多いお問い合わせで、

ブルトレで作成した図面をDXF出力する際に、

1、ポリゴン属性をつけて出力したい(AutoCADで見た「閉じた図形フラグ」)

2、丸と四角などを、一つの要素「ブロック」として出力したい。
※パックをグループ化して出力するのは、XA2012から出来るようになりました。

以上の2つは、ブルトレでは今のところ出来ないので、
別のツールを使うしかありません。

そこでご紹介したいのが、ダッソーシステムズが出している「DraftSight」です。
無償で使うことが出来ます。
AutoCADLTの操作性で、ほぼ同等のことが出来るとされていますので、試しに使ってみるのはいかがでしょうか。

ダッソーは、SolidWorksをはじめ、製造業向けの3次元CADに非常に強い会社ですが、
DraftSightはとても良いツールだと思いますので、お試しください。

http://www.3ds.com/jp/products/draftsight/overview/



カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[05/19 管理者]
[05/15 Backlinks]
[05/07 ややや]
[02/03 NONAME]
[01/30 管理者]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
測量設計チーム
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセスカウンター

カウンター

 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- 株式会社いとう システム営業部 測量・土木設計チーム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ